2016年11月28日

葦がいっぱい

20161127133042_p.jpg

早くに雪が降ったものの、今ではすっかりとけてしまいました!
地面は茶色の枯葉と白い雪のまだら模様。
野鳥たちが地面の枯葉をひっくり返して餌を探しています。
20161127132305_p.jpg

林を抜けると背丈より高い葦の穂が太陽の光に当たってキラキラしています。 ちなみに湖名の由来は、アイヌ語の「サル・オマ・ペツ」(ヨシが生える川)より。 名前の通り葦がたくさんあって前に進むことが難しいほど。
20161127221433_p.jpg

というわけで葦でヒンメリを作ってみました!
ヒンメリは麦わらを使ったフィンランドの伝統的な装飾品。 葦は日本的だけど、白っぽくて中が空洞の茎で似たような素材。 麦のほうが素敵だけど、葦もちょっと面白いかも♪
posted by よちこ at 21:02| 日記

2016年11月22日

白樺樹皮のバスケット

20161119_113511.jpg
先日、網走の北方民族博物館の講習会『白樺樹皮で作るバスケット』に参加してきました♪ 
白樺の皮に椿油を染み込ませながら、編み編み・・・
ロシアで学ばれた先生のお話を聞きながらワイワイと4時間くらい。 かわいい小さい籠ができました(*^▽^*)
20161119_213944.jpg
先生が用意してくれたお土産の白樺の樹皮も頂き、もう一個作成!  編むときの集中力すごくて、やり切った感でいっぱい♪ 楽しい〜♪
実は毎年、三重在住の押し花の先生に渡す白樺の皮を採取しています。 こんな風に倒木した白樺の皮をカッターで切り出しているのですが、表面の皮を剥いだら幹の中はすっからかん。
主に押し花に使うのは外皮の白樺模様部分。
20161121_101308.jpg
樹皮のかごとか作るのはそのもう一枚下の部分。
これは、春先の白樺の成長の時にベストタイミングで採取するそうです。今回倒木していた大きな白樺の木を見たらキレイな樹皮が出てきたのでちょっと採取してみました。
時期も悪いせいもあるけど、樹皮とるのは大変!
20161122_220703.jpg
講習会の先生が参加者20人分のお土産樹皮作るの大変だったろうなーと本当に感謝!いろいろ勉強になったし大満足でした〜♪
ちなみに自分で採取した白樺の皮で星作ってみました!(^_^)v
今度は白樺の枝を使ってかごも作ってみたいな・・・
posted by よちこ at 22:38| 日記

2016年11月18日

雨が降り・・・

20161116084535_p.jpg
一面雪だった景色はどこへやら。 雪はすっかりなくなってしまいました。 まだ日陰には積もっているところもあるけど、 いつもの秋の風景に戻ってきました♪
20161116082122_p.jpg
しばらくぶりに行った湖はススキの穂がキラキラゆらゆら
白鳥もたくさん飛来していてにぎやかです♪
この頃グッと日の入り時間が早くなってきました。
日没時間は気が付いたら15時台・・・一日が早いです〜(;´・ω・)
posted by よちこ at 10:42| 日記

2016年11月07日

11月なのに!

20161106_083416.jpg
例年ならまだ雪も積もらず。 
そしてまだなんとかバイクにも乗れたし、カラマツの黄葉がとっても美しい時期! なのに一気に冬がやってきました(;´∀`) 昨日は積雪15〜20センチくらい。
裏の白樺林はすっかり雪化粧です。
20161106_093020.jpg
心の準備なく1ヵ月も早い積雪にビックリしながら、トラクターにチェーンをかけて初出動! 湿った重い雪です。
自然に融けるかな?と思うのですが、日中は気温2〜3℃と低いので日陰はとけなそう。 もしかしたらこのまま根雪になっちゃうかも・・・。
20161106_090147.jpg
久しぶりにいつもと違う筋肉使って除雪。足腰腕がイタタ(>_<)!
そして、除雪車がいっぱい来てくれました。
うちのトラクターと比べたら、断然大きい除雪車!! 機械の力はすごいですね!
ちなみに除雪車にもたくさん種類があります。
詳しくはこちら → http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/graph/1201wt/01.html
何回も何回もたくさんの除雪車走ってくれるので国道沿いはありがたいのです♪
20161106_134431.jpg
一面真っ白になった白樺林の中できれいなピンク色見つけました。
ニシキギ科のマユミです。
朱色がかった赤い色の四角い果実で、中から赤い種が見えます。 白い雪をかぶってとってもきれいでした〜♪
posted by よちこ at 18:20| 日記